led電球の寿命はどれほどなのか

###Site Name###

led電球の寿命は、その明るさが出荷時の半分程度になるまでの時間を表すものです。
現在のものでは8000時間以上が一般的とされ、これは一日24時間点灯し続けても一年近く使える数値です。


ただし、この寿命はあくまでも平均的なものであり、実際には使用する環境によって大きく変動します。

そこで、led電球の寿命を縮めてしまう状況を順番に説明しましょう。

まず、ledは熱に弱いものであり、放熱が正しく行われていないと損傷を発生させてしまうことがあります。

今すぐ見つかるled 照明器具の情報が更新されています。

通常の電球と違いled電球は電子回路が複雑に入り組んでいるものであるため、この点でも放熱は必要なものです。通常の電球器具で使用する分にはそこまで神経質になる必要はありませんが、電球を布などで覆ったり、密閉型の器具で長時間点灯したりしないように注意をする必要があります。


熱ということでもうひとつ注意すべきなのが、適切な器具を使用するべきということです。led電球は従来の電球と互換性を保つように作られてはいますが、その能力を最大限に発揮するには専用の機器を使うのが望ましいことです。
たとえば密閉型器具や調光器に対応した電球は、専用の機器に使用することでより性能を活かすことができます。

電球を購入する場合に外箱の記載を見ておくなどすると良いでしょう。



とはいえ、通常の電球と同じような利用のしかたをしていれば、led電球は今までよりも格段に長く使い続けられるものです。



普通の照明と全く同じように使え、しかもコストパフォーマンスが良いという利点は、これからの省エネ時代に大きく役立つことでしょう。